不動産事業
不動産事業
海徳株式会社は2015年に設立し、大連納徳投資有限会社が海外で投資した初の全額出資子会社である。 本部は東京の最も中心的なビジネスエリアにある「郵船ビル」に位置しており、現在すでに福岡に営業支店を設立した。 事業内容は主に不動産、健康医療や貿易を含んでいる。
当社が設立された当時、既に福岡市の白水池一丁目168号の土地所有権を購入した。 本プロジェクトは白水大池公園に隣接し、「一戸建」を開発する予定、主に中国のお客様に向け、完成後は日本風と中国風とを兼ねた住宅エリアになる。
一方、当社も積極的に東京及び福岡などにマンションやホテルのプロジェクトを開拓し続けており、今後の5年間にわたり、 50億円を投資し、開発規模は総計6万平方メートルになる見込み。
健康事業
健康事業
海徳株式会社は医療健康及びアンチエイジング・美容事業に専念し、人間の健康管理や疾患予防に取り込んで行きたい。
日本の徳洲会、健若会や赤坂AAクリニックなど多くの有名な医療機構と連携し、健康診断、免疫療法、 臍帯血幹細胞など補助的治療業務を展開させる一方、お客様に権威ある、全面的な健康管理プランを提供する。
なお、当社も日本でクリニックを設立することや日本の病院や医療技術を金普新区へ導入することを計画し、さらに企業の発展チェーンを伸そうとしている。
健康事業
貿易事業
貿易事業
海徳株式会社は日中両国の貿易を促進するため、「一番合理的価格で、一番完璧的サービスで、一番良い商品」として、 国際貿易のルールを守り、「契約を重視し、約束を守り、良いサービス、互恵や共勝ち」の経営理念を基づき、現在、既に水素水の中国総代理権を取得した。
なお、「時代の流れに乗り、新たな価値の創出、お客様とともに発展」が当社の目標であり、さらに多くの日本の商品を中国市場へ導入させていきたい。

健康事業